3児の子を持つ44歳...から始めたここ。もう5年もたってしまった。
感謝を胸に、日々幸せな暮らしを追い求める。
<< ほんま、がんばってください。 | main | 佐竹台から富士山へ >>
佐竹台から石巻へ
0
     
    報道だけでは、わからない。

    我々が、元気に普通にいることが被災者にとって
    一番の励みだと、ニュースなどでは聞く。

    本当に・・・それでいいのか。

    震災後1ヶ月たって、
    何か出来ないかと、無力さを感じながら・・・
    宮城県石巻市へ入る。


    ボランティア団体の紹介を受けて、
    各地から集まったメンバーと5人でチームを組む。
    80歳過ぎになる老夫婦の自宅を片付けるとの依頼。

    重油と海水の混ざった様な臭いがする。
    外壁は2階の下あたりまで津波が来たと思われる線が残っている。


    おじいちゃんにあいさつするも元気が無い。
    指示を受け、部屋を片付ける。
    衣服や、生活感あふれるものがドロだらけ。
    明らかに使い物にならない衣類や肌着。
    けれど、
    おじいちゃんおばあちゃんの思いは
    少しでも残してあげたい。

    「ん、まー、だめだね。」

    おばあちゃんが、ぼそっと小さい声でつぶやく。




    お昼は近くの公園で休憩。仮設トイレがある。
    子どもたちが10人ほどでにぎやかにサッカーをする。
    笑顔がたまらない。

    その中の一人が寄ってきた。

    「何しに来た?」
    おじいちゃんのおうちを片付けに来たんだ。と返事をする。

    「そんなら、おれの心を片付けてくれ。」




    指示されたものは終わった。
    おじいちゃんおばあちゃんと庭先で色々話をした。
    笑顔だった。

    最後に、握手してもらった。言葉が出なかった。
    「みんながんばってな。」
    おじいさんが小さい声を絞り出す様に。

    なんで?こっちのせりふやんか・・・。

    本当に逆に励まされてしまった・・・・たまらない。


    全国から集まった自衛隊や警察、消防隊は
    そこらじゅうで活動している。
    会う度に「ご苦労様です!」お互いに励ましあう。
    ボランティア団体は我々をスムーズに誘導してくれる。

    「日本は一つのチームなんです。」
    まさに現場はしっかりチームになっていた。

    チームを組んだメンバーも最高だった。
    息がぴったりと合った。

    本心は別れが惜しかったが連絡先も聞かずに
    解散することとなる。

    何かの縁でこれを見てくれたら、お礼を申し上げる。


    短い間でしたが、本当にありがとう。
    チームワークは最高でした。
    また同じメンバーでやりたいね。
    そのときはよろしく。


    その中の青年は帰りのバスが同じ時間帯なので名刺を渡した。
    また、よろしくお願いします。


    現場に行くまでは人間、建築は本当に無力だと思った。

    しかし、
    人間同士の顔と顔をつき合わせての
    手と手のふれあってのコミュニケーションをとれば
    それ以上の力を作ることが出来る。
    いや、とてつもない力がそこに現れるだろう。


    「物理的」に勝つものは・・・人間の心しかない。



    design L tam  http://l-tam.main.jp
    Posted by : design-l-tam | エルタムデザイン | 17:47 | comments(2) | trackbacks(0) | -
    コメント
    先日は、お疲れ様でした。石巻で一緒に作業をした青年(青年じゃありませんよ〜)です。
    はじめて会ったばかりなのに銭湯まで一緒に行ったりして、「本当に初対面かな?」なんて思うくらい仲良くしてくださりありがとうございました!

    何不自由なく暮らしていた中で、自分としてはなにができるだろうと考えた結果、直接被災地に行って少しでも力になれればと思い、災害ボランティアに参加しました。

    我々のチームはホントにチームワークが良くて、どこのチームよりも泥だらけになっていましたね(笑)またこのチームでやりたいです。最高でした!

    ボランティアということから出会った機会をこれからもつなげていければと思います。

    これからもよろしくお願いします。

    | いしかわ | 2011/04/19 8:58 AM |

    いしかわ様

    お元気ですか?うれしいですねえ!。

    一週間経とうとしますがあのひとつひとつの場面が頭から離れることはありません。
     一緒に銭湯探し歩き回った詳細まで憶えていますよ。

    これからもよろしくお願いします。
    | エルタムデザイン | 2011/04/21 11:40 AM |










    この記事のトラックバックURL
    http://report.l-tam.main.jp/trackback/92
    TOP